知ってる?酵素風呂④温浴とダイエットと免疫の関係

①からみて頂いた方は大分酵素風呂の魅力に気付かれたと思います

 

が!

 

まだまだ魅力はありますよー

ダイエット中の方必見!!

褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を燃焼

褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼してエネルギーに変える働きがあるので、この細胞を活性化させれば痩せやすくなり、逆に働きが弱くなると太りやすくなってしまうのです。

 

ではどうすれば褐色脂肪細胞を活性化することが出来るのかというと、酵素風呂で背中をしっかり温めるんですね。

褐色脂肪細胞は

背中付近(肩甲骨周り)

に多く分布しているので、ここを温めるとダイエットに効果的だといわれています。

そしてさらにその効果を高めるには褐色脂肪細胞を刺激すること。冷やすと体温が下がったと感じ、その分細胞の働きが活発になります。

簡単なのは酵素風呂の前に手を冷やしておく方法。

手から脳へ「冷たい」という刺激がいくと脳は体が冷えていると判断し、褐色脂肪細胞が活性化して太りにくい体を作れるでしょう。

酵素風呂でガンの治療?治ったという体験談も

昔から「湯治」といって温泉に入ること自体が病気の治療に役立つように、酵素風呂で身体を温めることも免疫力を上げることから治療に役立つのではとの期待があります。

実際に、ガン細胞は熱に弱いことから体温を上げることで死滅するという話もありますし、がんを患っていた人が酵素風呂を利用してガンが消滅したという体験談もあります。

もちろん、ガンの状態にもよりますし、誰もが同じ効果を得られるわけではないでしょうが、もし身体を温めることでガン予防、ガン治療になるなら素晴らしいことですね。

 

兎に角体を温める

とてもシンプルではありますが温浴によってもたらしてくれる効果は計り知れません!

何年も悩まされていた体調不良が改善されたと言うお声もいただいております😀

 

寒くなるこの季節

是非酵素風呂の温浴をご体感下さいませ^ ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です