科学的根拠に基づく「健康に良い食べ物」「悪い食べ物」

毎年新しい成分や、食材がピックアップされてその度にスーパーが品切れ

よく見る光景です。

 

健康意識が高いことが素晴らしいことですが、

せっかく健康意識の高い人が、テレビや本の誤った情報を信じてしまうことでその努力が無駄になったり不健康になってしまう事はとても残念です。。

 

 

現在の数多くの研究によって最も正解に近いとされている

「健康に良い食事」

「健康に悪い食事」

が判明しているそうです。

 

「健康に良い食べ物」

①魚

②野菜と果物

③茶色い炭水化物

④オリーブオイル

⑤ナッツ類

 

「健康に悪い食べ物」

①赤い肉(鶏肉は含まない)特に加工肉は悪い

②白い炭水化物

③バターなどの飽和脂肪酸

 

例えばバターコーヒーなど

科学的根拠のない健康法を健康に良いと思い込んで実践をする事はとてももったいないです。

上述の食材は数多くの論文から導き出された物なので

①これらの食材を抑える事と

②体の基本成分「水」の飲み方の習得

③効率的な運動習慣(心拍を上げて基礎代謝を高める)

④消化不良を抑えて腸内環境を整える

健康やダイエットのポイントは「やりたいやりたくないに関わらず」

「最も良い食生活」を理解し無理せず少しづつそこに向かっていく事。生活習慣の改善です。

 

体の理解を深める事はとても有意義で興味深いものですね。

 

健康な食習慣を手に入れるための第一歩!

「あすかのファスティングプログラム」チャレンジしてみませんか?

詳細はこちら💁‍♂️

ファスティングプログラム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です