内臓脂肪と炎症、メタボリックシンドローム

内臓脂肪は悪い

 

良く言われている事ですが何故、内臓脂肪が多いとあらゆる病気につながってしまうのか

 

最新の研究で知られている事を書きます。

 

人体にとって内臓脂肪は異物

人体にとって内臓脂肪は異物

つまり異物には免疫システムが働き燃焼つまり、異物には免疫システムが働き炎症を起こします。

つまり、異物には免疫システムが働き炎症を起こします。

ところが内臓脂肪は異物ではありますが近年ではないので免疫システムが働いたところで内臓脂肪がなくなるわけではありません。

この炎症が血管に及んだときに動脈硬化や脳梗塞の引き金になります。

 

内臓脂肪は食べ過ぎによって増えていきます。

つまり内臓脂肪を減らすには食べ過ぎを抑え体の中をクリーンにしなければいけません。空腹の時間を増やすことが良いとされています。

 

最も早く落とせる方法はやはりファスティングです。

ダイエットは見た目だけではなく体の炎症を抑え病気リスクを減らす。とても大事なことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です