スナック菓子が止まらない!対策

ポテトチップスなどパリパリした食感と絶妙な塩加減。

開けたら最後空になるまで食べ続けてしまう気持ちはよくわかりますが、当然食べ過ぎてしまうのは避けるべきです!

 

実はポテトチップスなどパリパリした食感を好む方は、ストレスが関わっています。

 

実は噛む事はとても快感なのです。つまりスナック菓子のパリパリ感を求めるのはストレスから解放されてリラックスしたい!と言う心理状況なのです。

 

しかしスナック菓子がサクサクすぐに食べられますが、

1袋食べると1日分以上のカロリーを摂取してしまいます。

その結果、いつのまにかカロリーオーバーしてしまいます。

 

「スナック菓子食べすぎ対策」

①嗜好品の 買いすぎはほどほどに、小さいパックを購入することをお勧めします。

②カロリーが少なく(噛む快感)を味わえるものを選ぶ

例えば生野菜するねシュガーレスのガムなどが良いでしょう。

③スナックに代わる食品を選ぶ

油分は生きていく上での活動の源になるカロリーを簡単に摂取しやすいので癖になりやすい食品です。やみつきとは中毒なのですが、同じやみつきになる食品でも健康に影響のないものもあります。

スナック菓子等の置換は、

だしの効いた知るものに変えてみましょう。ダシに含まれるイノシン酸やグルタミン酸アミノ酸は脳にβエンドルフィンを分泌させ鎮静効果と多幸感を与えます。

つまり生野菜やガムでは物足りないと言う方は

だしの効いた汁物を購入することをお勧めします。

スナック菓子は1袋で500キロカロリーを超えてしまうほど多くのエネルギーを摂取できてしまいます!

日々ちょっとした工夫を繰り返すことで少しずつスナック菓子の誘惑から遠ざけるような生活習慣を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です