内臓脂肪と炎症、メタボリックシンドローム

内臓脂肪は悪い

 

良く言われている事ですが何故、内臓脂肪が多いとあらゆる病気につながってしまうのか

 

最新の研究で知られている事を書きます。

 

人体にとって内臓脂肪は異物

人体にとって内臓脂肪は異物

つまり異物には免疫システムが働き燃焼つまり、異物には免疫システムが働き炎症を起こします。

つまり、異物には免疫システムが働き炎症を起こします。

ところが内臓脂肪は異物ではありますが近年ではないので免疫システムが働いたところで内臓脂肪がなくなるわけではありません。

この炎症が血管に及んだときに動脈硬化や脳梗塞の引き金になります。

 

内臓脂肪は食べ過ぎによって増えていきます。

つまり内臓脂肪を減らすには食べ過ぎを抑え体の中をクリーンにしなければいけません。空腹の時間を増やすことが良いとされています。

 

最も早く落とせる方法はやはりファスティングです。

ダイエットは見た目だけではなく体の炎症を抑え病気リスクを減らす。とても大事なことです。

 

科学的根拠に基づく「健康に良い食べ物」「悪い食べ物」

毎年新しい成分や、食材がピックアップされてその度にスーパーが品切れ

よく見る光景です。

 

健康意識が高いことが素晴らしいことですが、

せっかく健康意識の高い人が、テレビや本の誤った情報を信じてしまうことでその努力が無駄になったり不健康になってしまう事はとても残念です。。

 

 

現在の数多くの研究によって最も正解に近いとされている

「健康に良い食事」

「健康に悪い食事」

が判明しているそうです。

 

「健康に良い食べ物」

①魚

②野菜と果物

③茶色い炭水化物

④オリーブオイル

⑤ナッツ類

 

「健康に悪い食べ物」

①赤い肉(鶏肉は含まない)特に加工肉は悪い

②白い炭水化物

③バターなどの飽和脂肪酸

 

例えばバターコーヒーなど

科学的根拠のない健康法を健康に良いと思い込んで実践をする事はとてももったいないです。

上述の食材は数多くの論文から導き出された物なので

①これらの食材を抑える事と

②体の基本成分「水」の飲み方の習得

③効率的な運動習慣(心拍を上げて基礎代謝を高める)

④消化不良を抑えて腸内環境を整える

健康やダイエットのポイントは「やりたいやりたくないに関わらず」

「最も良い食生活」を理解し無理せず少しづつそこに向かっていく事。生活習慣の改善です。

 

体の理解を深める事はとても有意義で興味深いものですね。

 

続きを読む 科学的根拠に基づく「健康に良い食べ物」「悪い食べ物」

【大人気!! 】そろそろ体を絞りたい!あすかのファスティング

少しずつ気温も上がり

いよいよ春が訪れますね。

 

今年のゴールデンウィークは、最大10連休!!

今から旅行の計画を立てている方も多いそうですが、

旅行の計画もいいけれど、体の計画立てていますか?

あなたにぜひお勧めしたいからだ計画ダイエットプロジェクト、それは、

あすかの酵素ファスティング

酵素ファスティングとは腸内環境を整えながら体のボディーラインを整える、身体の機能改善を目的としたプログラムです。普通のダイエットと比べ非常にリバウンドしにくいのが特徴です。

 

今から計画を立ててみてはいかがでしょうか?

 

問い合わせはこちら💁‍♂️

 

湘南coffee酵素サロンあすか

0467-27-2626

スナック菓子が止まらない!対策

ポテトチップスなどパリパリした食感と絶妙な塩加減。

開けたら最後空になるまで食べ続けてしまう気持ちはよくわかりますが、当然食べ過ぎてしまうのは避けるべきです!

 

実はポテトチップスなどパリパリした食感を好む方は、ストレスが関わっています。

 

実は噛む事はとても快感なのです。つまりスナック菓子のパリパリ感を求めるのはストレスから解放されてリラックスしたい!と言う心理状況なのです。

 

しかしスナック菓子がサクサクすぐに食べられますが、

1袋食べると1日分以上のカロリーを摂取してしまいます。

その結果、いつのまにかカロリーオーバーしてしまいます。

 

「スナック菓子食べすぎ対策」

①嗜好品の 買いすぎはほどほどに、小さいパックを購入することをお勧めします。

②カロリーが少なく(噛む快感)を味わえるものを選ぶ

例えば生野菜するねシュガーレスのガムなどが良いでしょう。

③スナックに代わる食品を選ぶ

油分は生きていく上での活動の源になるカロリーを簡単に摂取しやすいので癖になりやすい食品です。やみつきとは中毒なのですが、同じやみつきになる食品でも健康に影響のないものもあります。

スナック菓子等の置換は、

だしの効いた知るものに変えてみましょう。ダシに含まれるイノシン酸やグルタミン酸アミノ酸は脳にβエンドルフィンを分泌させ鎮静効果と多幸感を与えます。

つまり生野菜やガムでは物足りないと言う方は

だしの効いた汁物を購入することをお勧めします。

スナック菓子は1袋で500キロカロリーを超えてしまうほど多くのエネルギーを摂取できてしまいます!

日々ちょっとした工夫を繰り返すことで少しずつスナック菓子の誘惑から遠ざけるような生活習慣を手に入れましょう!

「食後のデザートは別腹」対策

よく外で外食した後に、

食後にデザートを食べてしまう方が多いです。

 

なぜ

さっきあれほど食べたのにまた食べたくなるのか?

 

砂糖で血糖値が急上昇(高GI)する為依存性が高く

癖になりやすくなります。

 

これには4つの対策があります。

 

①極端な糖質制限ダイエットはやめる。

糖質は一切摂らないのではなく、糖質の「質」を上げる事が大事です。未精製の糖質にチェンジしましょう。

②デザートは毎食ではなく週1にする。

毎日スイーツを1週間に1回に頻度を減らすだけで無駄遣いが減り、週に1回高級なスイーツが食べられます。1回に食べられる量は決まっているのでとにかく回数を減らすことを意識して下さい。

③香りの強いお茶、コーヒーやハーブティ(ノンカロリー)等を飲む

よく鼻をつまんでご飯を食べると味が分からない!と言われるように、食べ物の味はかなりの割合で香りで判別しています。口寂しさの解消に香りの強い飲み物はおススメです。

④食事の時にサラダから食べる。

サラダから食べると食後の血糖値の急上昇が抑えられ無駄な空腹感が出にくくなります。

 

いざダイエット成功!となっても食べ方の癖を正さなくては戻ってしまいます。

是非、ご参考に^ ^

「早食いでたくさん食べる」人の対処法

早食いの癖がある方はそうでない方と比べると肥満率が高いというデータがあります!

 

それでは

早食い癖の解決法とは

①よく噛んで食べる事

よく噛んで食べると必然的に食事に時間をかけることになり、満腹中枢からのしをしっかりキャッチできるようになります。

 

②野菜を沢山食べよう

野菜は食物繊維が豊富に含まれており、よく噛まないと飲み込めないので自然と食事に時間をかける事が出来ます。

 

食事を食べた時、満腹中枢から満腹信号が出てくるまでは約20分かかります。

 

つまり食事は20分以上かけて食べることをお勧めします!

「口寂しくて間食してしまう人」の対策法

お腹が空いていないのに口寂しくて間食してしまう。

カロリーは十分取れているのに、いわゆる口寂しさから来る食欲は「まやかし」です!

この対策は5分の間、気をそらせれば食欲の波が収まり、口寂しさが消えていきます。

それでも口寂しさを我慢できない!!という方は「チューインガム」を持ち歩くことをお勧めします。

ガムを噛んでいる間はほかの物は食べる事が出来ないので食べすぎをかなり抑えてくれます。さらに咀嚼によって満腹中枢が刺激されて食欲が徐々に収まってきます。

 

1日たった1回や2回でも口寂しさをそらすことが出来れば

自然にダイエットが出来ます。500キロカロリー消費するのは大変ですが、500キロカロリーの無駄食いを防ぐ事は意外と簡単です!

 

①5分気をそらせる事

②ガムで口寂しさを紛らわす

是非試してみてくださいね😄

あなたに必要なカロリー量は?食べすぎ予防の計算方法

食べ過ぎたら太る。

 

よく言われる事ですよね。

 

基本的にダイエットはカロリー計算よりも「体の代謝の力をどれだけ高めるか」が重要なのですが、それでもやはり食べすぎは良くない。

 

「食べすぎ」と一言で言っても体の大きさでかなり基準が違って来ますので今回は

1日に必要な摂取カロリーを計算する方法をご紹介します!

あなたに必要なカロリー量は

標準体重 × 30キロカロリーで割り出せます。

 

まず標準体重は、身長×身長(メートル) × 22 です。

 

例えば身長160センチの場合は1.6 × 1.6 × 22 × 30 = 1700

という計算になります。

 

 

つまり!

160センチの女性は

標準体重56.32kg

摂取カロリーは1日あたり1700キロカロリー

この辺りを基準として客観的に自分は肥満なのか食べ過ぎなのか判断するのも良いと思います(╹◡╹)

 

自分は食べ過ぎかも!と思われた方、

食べ過ぎを確実にやめられる3ステップを実行してみてください。

「ステップ1」食べ過ぎのきっかけに気づく

「ステップ2」 生活習慣の中で自分にぴったりの食べ過解決法を見つける

「ステップ3」 行動を少しだけ変える

この3ステップを上手に踏めば多少の体重オーバーも大丈夫です!

 

具体的な対策はこちら!

「口寂しくて間食してしまう人」の対策法

「早食いでたくさん食べる」人の対処法

「食後のデザートは別腹」対策

 

 

ダイエットも終わりが肝心!すごく大切な復食期間の過ごし方

完全断食も終わり、いよいよ回復食がスタートします。

実は復食期間をどう過ごすかによって酵素断食の真の成否が決まるのです。

せっかくデトックスされクリアになった体には良いものを少しずつ取り入れましょう。

 

復食期間に食べるもの

①生野菜、果物

②さつまいも、里芋

③海藻類

④梅干

⑤味噌、酢

⑥雑穀お粥

断食後は準備食と同様、消化に負担をかけるNGフードは控えます。

食べていけないものは以下の通り

①白砂糖

②食品添加物

③肉(動物性タンパク質)

④白米、白いパン、うどん(高GI食品)

⑤過酸化脂質、トランス脂肪酸

⑥生の植物の種、 12から20時間以上水につけているものは除く

実はファスティングで最も大事なのはこの回復期間です。最後まで気を抜かずしっかりとファスティングを終了させましょう。

需要!!ファスティング期を楽に乗り切る為の方法

準備期を終えていよいよ完全断食!!

食べ物抜けばいいんでしょ?

と思いがちですが、違うんです。チョーーー大事なポイントがあります。

それは、

 

「水」です。

1日に人は2.5リットルの水が抜けていきます。

そして500mlは体内で生成されるので、不足分は2リットル。

普段は食事に含まれる水分で1リットル程度は補給出来ているので、水としての不足分は1リットルなのですが、、、

ファスティング中は違います

ファスティング中は食事から摂れるはずの1リットルが無いので普段の倍飲む必要があります!!

ファスティング中に2リットル水飲まないと脱水になってしまいます。

水をしっかり飲んで断食中の脱水を防ぎましょう!

体に必要なお水の話⬅要チェック

断食中の今、体の中で何が行われるの?

①細胞崩壊

全身の細胞便秘(細胞内に蓄積されたコレステロール、中性脂肪、プラークなど)が排泄されます。

②すべての臓器が休まる

消化器を中心に呼吸器、肝臓、脳に休息を与え、元気を取り戻します。消化に使われる酵素が温存されます。

③大腸をリセット

腐敗菌だらけだった腸内がきれいになり、善玉菌が優位になります。

 

つまりは体内のリセットが行われます。心配なのは空腹感だと思いますが、酵素ドリンクを飲みながらの断食は普通の断食と比べて空腹感がないので楽に乗り越えることができます!

 

続きを読む 需要!!ファスティング期を楽に乗り切る為の方法