糖尿病のリスクを回避しつつ学力テストの平均点が16点上がる食事法

私たちの脳は食べ物によってコントロールされてる

というお話

アメリカのニューヨーク市学区での学習と食べ物についてとても面白い実験が行われました。
生徒全員に与えられる給食の内容を段階的に変化させることでテストの平均点が
どれだけ変わるのか?というユニーク内容です。
 
 
①1年目に飽和脂肪酸と砂糖をカット。
②2年目着色料と合成甘味料が添加されている食品を排除、
③4年目には保存料が含まれている食品をカット
その結果学力テストの平均点が16点も上がった。

学習方法ではなく、口に入れる食べ物の内容を変える事で成績が上がってしまうなんて衝撃的ですね!

では、何を摂れば良いのか?

ヒントは「油」です。

——————————————————————————————————
1995年アメリカ・パデュー大学の研究によると
インディアナ州の6-12歳の子供200人に対して
血中のオメガ3濃度が高い子供と、低い子供の「栄養と行動」を検査したところ
学習障害のリスク8.2算数の能力 4.7  
総合学習能力4.9倍の差が出た。
濃度の低い子供は行動面の注意力散漫、感情の起伏が激しく、不安、不眠、頻尿、乾燥肌が多いという結果がでた。
——————————————————————————————————

そう、大切なのはオメガ3脂肪酸です!

ちなみに、脳の神経細胞は
オメガ3脂肪酸が20%以上で初めて情報が正しく伝達される事が分かっており、
アルツハイマーは脳内のオメガ3脂肪酸が非常に少ない事が証明されています。

逆に排除すべき油は

①酸化した油(過酸化脂質)と

②トランス脂肪酸

です。
①老化は酸化と言われますが、脳は60%は油です。そんな脳を構成している油が酸化した油で構成されているとしたら、老化物質をそのまま脳の原材料にしている事なので非常に危険です。
また②のトランス脂肪酸は明確に人体への害がわかっており
アメリカではすべての食材にトランス脂肪酸を使用することが禁止されています。
——————————————————————————————————
糖尿病の発症とトランス脂肪酸に対する大規模な調査
アメリカ・ハーバード大学で80420人の女性看護師に対し14年間にわたり食事調査を行ったところトランス脂肪酸の摂取が最も多いグループは最も少ないグループに比べ30%糖尿病発症の危険度が増すという研究結果が出ています。
——————————————————————————————————
油についてはまた別の機会にしっかり書きたい思いますが、

脳の成長には油が鍵となる

事だけまずはお伝えしたいと思います。
油を活用してインテリになりましょう!

環境ホルモンで男性が女性化してしまうかも、、

知っていますか「環境ホルモン

GULLS FOLLOWING BULLDOZER AT DUMP WHERE THEY FEED IN WINTER, EUROPE

我々の性別を決定したり、体の機能をつかさどっているホルモン。

一生に分泌されるホルモンの量は

切手1枚分と言うほんとにわずかな量にも関わらず我々の体に大きな影響を与えています。

ところで
有害物質が多い場所は
なぜかメスが多いという話は聞いたことありますか?

化学物質が体内に入ると実際はホルモンでないのにホルモンのように作用をし人体に異常を引き起こします。
これを環境ホルモン、あるいは内分泌攪乱物質(エンドクリンディスプラターズ)と呼びます。
有害物質は肝臓で分解されるが、その時生成するチトクロムP450という酵素は細胞のホルモンを作るDNAの受容体に作用し勝手にホルモンをつくってしまう。
これが、奇形や不妊の原因の一つだと言われています。

【O-157も合成ホルモンの影響?】
アメリカでは1978-82で劇的にO-157が増えた原因は合成ホルモン剤の
DESディルエチルベストロールが投与された事が、結果的に多剤耐菌が増えた事と関係しているという研究結果もあります。

【環境ホルモンで世界がメス化】
困ったことに有害物質由来の環境ホルモンは女性ホルモンと非常に近い構造をしているので
取り入れた生物がメス化するという困った問題があります。
女性が強くなり、男性が女性化する。
最近耳にするジェンダーレス男子ってもしかして!!!!

と思う今日この頃です。
男性諸君、メス化したくなければ環境保全に取り組みましょう!(笑)

がん抑制の切り札「オメガ3」

日本国民の2人に1人が罹患するがん

がんはその芽が出てから臨床的に診断されるまでに

10年~30年、平均19年もの時間がかかる

「超」生活習慣病呼ばれている病です。

 

 

食習慣の中で重要な要素の一つは細胞膜を作っている「油」の見直しです。

いい油を摂取するとがんの抑制をしてくれるというようです。

国立がんセンター 研究所生化学部が、
オメガ3脂肪酸がガンを抑制するという研究を発表しました。マウスに大腸がんを起こす発がん物質(アザキシメタン)を投与した後一週間後に計5回0.7mlずつDHAを胃の中に投与し、グループで比較したところ4週間後のがんの前兆に現れるタンパク質の数値に明らかな違いが出ました。
とあります。

DHA(オメガ3)で細胞膜の柔軟性が上がった結果というわけです。

 

細胞膜は

オメガ6:オメガ3    =    4:1

の比率で構成されていますが、現状は

10:1 ~ 100:1

とも言われているくらいバランスが乱れています。
オメガ6はサラダ油、ごま油など広く流通しているので十分摂取出来ていますが。
オメガ3は生の生の青魚や亜麻仁油等摂取機会が減っている上に非常に酸化しやすいので流通が少ないという問題点があります。
スーパーでもほとんど見ないですもんね!!
油の比率が乱れているなーと思う方
将来の体のために油の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

ファスティング時のデトックスを助ける食べものは?

ファスティング中に辛さや倦怠感が強く出てしまう!

という方にお役に立つ情報です。

ファスティング中に出てくるだるさ、辛さ、倦怠感の原因は

たまった毒素がデトックスする過程で表に出てくる、好転反応と呼ばれるものです。

 

その名の通り「好転」するときの反応なので回復に向かっている証拠なのですが

体の外に毒素が排出しきれない事で起こります。

 

 

基本的に副作用とは違うものなので心配は無用ですが

楽になりたい!!という方に今回は

ファスティングで促進したデトックス力をさらに促進する食材を紹介します。

 

  • アメリカの栄養療法のバイブルニュートリションヒーリングによると

オレンジ、トマトジュースはファスティングに飲むものとしては適さない。向いているのは新鮮なレモン汁、キャベツ、ニンジン、セロリ、ブドウ、リンゴ、ほうれんそう等の緑葉野菜。これらには解毒を速めるクロロフィルが多く含まれる。生のキャベツジュースには腫瘍、ガン、すべての大腸トラブルに効果があります。そしてそれらはすべて無農薬であるべきだ。
とあります。
クロロフィルに期待できる効能は
①貧血の改善と予防。
クロロフィルには造血作用があるため、ヘモグロビン生成を促進させます。
②コレステロールを整える。
コレステロールの1つである悪玉コレステロールを外に出す作用があり、血液中の脂質濃度を調節します。
③整腸作用。有害物質の排出
クロロフィルは食物繊維の中でも特に小さな形状をしており、小腸の繊毛に吸着しやすい有害物質をはがす作用があります。
したがって、ダイオキシンや残留農薬といった有害物質を体外に排出させることが可能といわれます。
そして、善玉菌を増やすこともできるため、腸内を清潔な状態に保ちます。
④クロロフィルには強い抗酸化作用。
病気に対する免疫力を活性化させる力をもっているとされています。
ぜひファスティング中の方、これからファスティングをしたい方
ご参考にして下さい。

ローマ帝国滅亡は鉛による神経障害!?知っておきたい有害金属の害

もっと早く知っておけばよかった!!

頭を悪くしたくなければ鉛を排除すればいい、、

かも。。

アメリカピッツバーグ大学のハーバードニードルマン博士の研究によると
19歳の男女132人に対し鉛の濃度を調べました。
同時にIQや学業成績を調べたところ鉛の濃度が高くなるほど
高校の成績や出席率、言語や論理的思考能力が低下し高校退学率も高くまた
目と鼻の反応が鈍かったと言うことがわかっています。
そしてそして、、
社会学者のエスジルフィランの論文によると、ローマ帝国時代のすべての水道管、葡萄酒のつぼに鉛が多く使用され結果神経障害が現れローマ帝国の滅亡を速めたという報告もあります。
有害金属がどんな悪さをするのか、ざっとまとめてみました。

鉛                     多動性、攻撃性の助長

昔の水道管、ハンダ、

カドミウム      攻撃性の助長、錯乱

工業製品、メッキなど イタイイタイ病の原因

水銀                  頭痛、記憶力低下

マグロなどの大型魚、歯のアマルガムなど 水俣病の原因

しかも、なんと有害ミネラルは母親より胎児に蓄積します。
都立衛生研究所の研究員が1976年の衛生学会で
メチル水銀は母親と比べ胎児から2倍検出されたという報告も出ています!

 

 では、どうすればいいのか、
有害ミネラルや添加物は体の脂肪細胞に蓄積する傾向があるので、
毒素入りの脂肪を外に追い出してしまえばいいのです。
そう!

痩せればいいんです!

ただ単に体重的に痩せるのではなく、

体の中のデトックスをする必要があります。食事を一時的に控え

経口摂取で毒素を入れないようにしながら痩せなくてはいけません。

 

つまり、有害金属排出には

ファスティングがベストってわけですね。

何個当てはまりますか?鉄不足チェック

体の血液組織の中で重要な働きをしている鉄分。
栄養素の不足は病気やけがと違い、明確な症状がないためその不足に気づきにくいケースがほとんどです。

【鉄不足チェック】

  1. 立ちくらみ、めまい、耳鳴りがする
  2. 腰痛、頭痛が定期的にある
  3. 便秘がちである
  4. 夕方になると疲れが出てくる
  5. 肩こり、関節痛筋肉痛がある
  6. よくあざができる
  7. 喉に違和感がある
  8. 階段を上るだけで疲れる。

いくつ当てはまりましたか?

4個以上当てはまると鉄欠乏タイプです。

 

 

体内の鉄の60%から70%は赤血球の成分であるヘモグロビンに含まれています。
健康な人の体内では毎時約5億個というとんでもない量の赤血球が新しく作られていますが、鉄が不足すると赤血球の形が正常より小さく数も少なくなります。
つまり酸素を運ぶ量が少なくなるという事です。酸欠です。そのため顔色が悪くなるだけではなく筋力やその他の組織の働きも低下します。

鉄不足で筋トレしても意味がないわけです。

鉄不足の原因として良く言われるのは
生理ですが、もう一つの原因は
過剰な間違ったダイエットによる栄養失調です。
女性の場合ただでさえ生理によって鉄が減っていく上、
間違ったダイエットまでした日には、ほぼ確実に鉄不足になります。

当てはまる人はまず鉄を摂りましょう!!

ビタミンミネラルの欠乏をさせずにダイエットする為の準備は?
5~6倍吸収効率を高める鉄分の摂り方は?
気になる方は是非当店に足を運んでください。

ダイエット後にリバウンドしない方法は?

5月になり、電車広告にもダイエットの内容がちらつき始めました。

今年ダイエットに励む人は、昨年もダイエットしていた人である確率は85%以上だそうです。

何故今年、ダイエットに励むかと聞かれれば、無論

これまでの人生ダイエットに失敗、もしくはリバウンドし続けているからですよね?

 

では、何故今年こそ!と思ってダイエットに励んでも失敗に終わってしまうのか?

この答えは「我慢」にあります。

 

例えば、鶴の恩返しで

この部屋は開けないで下さいね。で結局開けちゃうおじいさん。とか

押すなよ押すなよ!で押しちゃう アレとか(笑)

絶対言わないで!と言われた噂話を人に話したくなるあの気持ちとか、、

 

 

これはカリギュラ効果と言って、禁止されると反発する心理の事をいいます。

ダイエットにおいても、これを食べちゃダメ、あれも食べちゃダメ、それもダメ、ダメ、ダメ、ダメ!
と言われると、最初は我慢できても、強い忍耐力もいつか線が切れる時がやってきます。

そして、線が切れて一度食べはじめると、止める事ができなくなります。

心の隅に食べる事への恐怖心、不安があると、それはそれで反対に食べ過ぎを引き起こします。

炭水化物が好きなのに、糖質制限ダイエットや40万近く払って糖質制限ジムに通い、2ヶ月で10kg落としても、炭水化物を食べるようになった途端すぐに8kg戻った。
というのを良く聞きます。

 

ですから、我慢をする!!

のではなく、食事に対する考え方、基準そのものを変えてしまう事のほうがよっぽど

効率的なのです!

 

ファスティングで目指すゴールは、その場でのダイエットではなく、

食事への考え方、基準を変える事です。

 

  • この食べ物はどういった点において体に良くないのか?
  • 同じ食べ物であればどういった基準で選べばいいのか?
  • 悪い食べ物食べた場合、どうやって補えばいいのか?

知識の量が増える事で行動を変える時に感じるストレスは全然減ります!

知ることで自然と我慢が減り、結果的に痩せやすいマインドが出来上がりますよ(^^)!

 

どうせダイエットするならダイエットマインドを育ててあげましょう!

ファスティングで免疫系の働きが再生するという研究論文

南カリフォルニア大学のヴァルテル・ロンゴ教授らの研究結果によると

ファスティング、断食は

  • 造血幹細胞の再生を促進させる
  • 幹細胞の自己再生能力を高める
  • 化学療法によって傷ついた免疫損傷を回復させる
  • 化学療法前の72時間のファスティング・断食で免疫が保護される

 

などの研究報告が発表されています。

 

食べないだけでここまで良い結果をもたらしてくれるファスティング、

やらない手はないですね。


 

引用元:http://www.j-cast.com/2014/08/23213449.html

断食の効用については、これまでにもさまざまな研究がなされてきた。栄養学の専門家などの間では異論もあるが、先ごろ、興味深い研究報告が発表された。半年に一度、2~4 日間の断食をすると、免疫系が再生するというのだ。

南カリフォルニア大学(USC)長寿研究所のヴァルテル・ロンゴ教授らの研究によると、断食によって血液や免疫系の生成にかかわる造血幹細胞が活性化して、新しい白血球が生み出され、免疫系が再生することがわかった。

2014年6月5日付のUSC Newsが伝えたところでは、「飢餓状態になると、体はエネルギーを節約しようとして、ダメージを受け不要になった免疫細胞をリサイクルしようとするのではないか」とロンゴ教授は分析している。断食はさらに、幹細胞の活性化を阻害する酵素(PKA)や、老化やがんのリスクと関係するホルモン(IGF-1)を減少させるという。「断食は、老化や化学療法の副作用でダメージを受けた免疫システムを再生する。文字通り、新しい免疫系をつくるのです」とロンゴ教授。

そのメカニズムは動物実験上で明らかになってきたという段階だが、確証を得られれば、免疫力が低下した高齢者や、がん治療などの化学療法を受けている人にとって福音となる。

研究チームは断食について、免疫系だけでなく、ほかの組織や器官でも同じ効果を得られるか、実験を続けているという。そこで気になるのが断食によるアンチエイジング効果だ。体のさまざまな組織が「再生」されれば、肌や髪など見た目の若返りも可能になるのではないか。

今回の研究報告を受け、「アンチエイジング医師団」の主要メンバーの一人、近畿大学医学部の山田秀和教授に断食によるアンチエイジング効果の可能性を聞いた。

「幹細胞を活性化することができれば、老化を遅らすことになるかもしれない」と山田教授は言う。ロンゴ教授らのさらなる研究成果に期待がかかる。

しかし、断食を実践する際には医師の管理の下で行うなどの注意が必要だ。「疾患を持っている人や治療を受けている人、とくに糖尿病で血糖コントロールを受けている人は、低血糖発作を起こして死亡する危険性もあります。お年寄りや子ども、妊婦も十分な注意が必要です。健康な人でも急激な断食は避けるべきですが、プチ断食を経験したことがある人が、次のステップに進むことは可能でしょう」(山田教授)。

食べないだけならお金はかからない。食費が浮くのでむしろ経済的だ。免疫力がつき、健康な体を維持できるだけでなく、見た目の若返りも可能になるのであれば、断食は「究極のアンチエイジング」と言えるかもしれない。ただし、空腹に耐える気力と続ける意志さえあれば、の話だが…。[アンチエイジング医師団]

参考サイト

USC News(南カリフォルニア大学のニュースサイト)

Fasting triggers stem cell regeneration of damaged, old immune system

https://news.usc.edu/63669/fasting-triggers-stem-cell-regeneration-of-damaged-old-immune-system/

参考論文

Prolonged Fasting Reduces IGF-1/PKA to Promote Hematopoietic-Stem-Cell-Based Regeneration and Reverse Immunosuppression

DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.stem.2014.04.014

 

血液の知ってそうで知らないお話

最近ファスティング希望の方が多くその際に

体調を改善したりダイエットしたい方にはよく
血液循環の大切さを良くお話するのですが、意外と知っているつもりで知らない事が多いのでここで触れておきます。

<血液の知ってそうで知らないお話>

まず血液の主な機能は
①免疫機能
②酸素二酸化炭素を運ぶ
③ホルモンを運ぶ
④糖質、脂質、アミノ酸、タンパク質等のエネルギーを運ぶ
⑤体液の浸透圧やpHの調整
等、非常に重要な役割を担っています。
ここまで重要な役割をしていますが、血液は心臓が勝手に押し出してくれるのであえてその「循環」については
考える必要がなく過ごせています。

が!!

ここで落とし穴があります。

血液を押し出すには心臓というポンプを使えますが、
心臓に戻っていく静脈にはポンプがありません。

この戻りが遅いために「むくみ」が発生します。

ですので血液を心臓に戻すポンプの代わりの役割をするのがふくらはぎの筋肉です。
そしてふくらはぎの筋肉は足裏とつながっているので足裏がいかに柔らかいかも重要です。、

ふくらはぎ、足裏は第2の心臓です。
足をほぐして血液をぐんぐん動かして健康を手に入れましょう!

肝機能には オメガ3サプリメント

長年、健康診断で肝機能に引っかかっていた方が、

クリルオイルのサプリを2ヶ月飲んだ後の健康診断で

肝機能が良くなった!

とお喜びのお声を頂きました。

体の細胞の膜は油で出来ています。正しい油の取り方をすると体の機能改善とダイエットにも!とても良いですよ。

わざわざボードにも書いていただきありがとうございます😊